いつまで銀行は「振込」の牙城でいられるか?
キャリコンの登録申請、
¥8,000はコンビニの振込用紙で払いました。

支払って思った。
そのうち、銀行で「振込」することって殆どなくなるんだろうなって。
だって、最近誰かにお金を送る、支払うってことを
最近銀行で、ATMでさえやった記憶が殆どない。
あ、給与は振込でもらってるけど、
私が送る方はもう殆どない。


キャリコンの振込用紙も
郵便局でも使える用紙だった思いますが、
いまどき
コンビニで払えるならコンビニで払いますよね。
だって、
待ち時間少ないし
夜遅くても受け付けてもらえる。

コンビニでいろんなものが払えるようになったのはいつからかな、
通販の代金から始まって、
電気ガスといって「公共料金」
最近は、市町村の税金とか水道代とかまで。

最近は振込用紙とかなくても
ファミマだとファミポートとかで
代金決済システムとかいうの?
ライブのチケットとかがそうなんだけど
メールで通知された番号を入力して、
出力されたレシートみたいなのを出してレジでお金を払えばOK!

つまり・・・
昔は銀行と郵便局しかできなかった
資金の決済
ということを他の業種も自然にできるようになっているってこと。

私が新人だった頃
銀行の三大業務は「預金・融資・為替」
つまり、
お金を、貯めたり・借りたり・送ったり するところで
貯めたり=資産運用や借りたり=資金調達は
生保や他の業種でもできるけれど
送る=資金決済は他の業種ではできない
って言われてました。

それ、35年くらい昔。
ファミポートみたいなのは10年位前できた?
5年前には絶対できたよね。

その頃既に、貯めたり、借りたりっていうのはもうとっくに
銀行の牙城ではなくなっていた。

振込も、たぶん金額で言えば
まだまだ銀行が牙城なんだろうけれど
それは企業が給与振込とかで多く使っているから?


ビットコインとか、なんか怖そうだけれど
ネットバンキングも同じこと。
ただ単に、ビットコインだと運営者が信用されてないけれど
銀行は信頼されてるっていうだけですよね。

もうずいぶん前から、
銀行も倒産することが不思議ではない世の中だけれど
それでも、信頼もされてるしまだまだ経済の血液というお金にたいして
かなり、重要な役割を担ってる。

でも...
システムとかITとかAIとかの進化の度合いを考えると
これからは、役割そのものが変わってくると思う。


そういうこと、頭にいれて
働き方や、就職先を決めていかないといけない時代なんですよね。

老舗企業でよく使われる
変わらないためには、変わる事が大事
ってこういうことかな。


今日の最後まで読んでいただきありがとうございました。


テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体
キャリアコンサルタント審査終了!来ました
この記事で書いた、キャリアコンサルタントの申請。
 ↓
キャリアコンサルタント登録申請しました!

書類審査が終了して登録終了?したようです。
振込依頼書が郵送されました。

3月21日に申請書類を簡易書留で郵送して、
振込票が届いたのが
先週の土曜日の4月15日

HPには、到着から2、3週間とありましたが
私の場合・・・3週間と5日というかほぼ4週間?
郵送のタイムラグをいれて3週間というところでしょうか?

で、早速
4月16日にコンビニで支払いました。
日曜日でしたけど。
¥8,000!です。

同封の書類には
「申請番号」
というものが記載されているのですが、
これが登録番号と同じかどうかが今一つわからないんですよね~。

HPを読んだ感じでは、
¥9,000払って登録申請

審査のうえ登録終了

もし、「登録証」が欲しいなら¥8,000払う

カード型の「登録証」が届く

というイメージだったのですが・・・
他の先輩方にきいても、わからず。

また登録証が届いたら報告しますね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体
「カウンセリング」のハードルを下げよう!
やっぱり、カウンセリングってハードル高いのかな~。
「カウンセリングに行く」って抵抗大きいのかな?

私はこれを、
マッサージとかエステとか、
そのくらい身近なものにしたいんです。


今って「カウンセリング」ってけっこう「メンタルきてます」って人が行くようなイメージなんですかね?

「カウンセリング」っていう言葉だけだったら
デパートの化粧品コーナーでも使ってる。
美容部員さんからいろいろ勧められる化粧品のことを
「カウンセリング化粧品」っていいますよね。

でも、例えば
「私、カウンセリングに通ってるんです」っていうとちょっと「あら、大変ですね・・・」って応答されそうな今の日本。

だから、
精神的に参っててもなかなか「カウンセリング」にはいけない。

これが、
「ちょっと肩凝ってるからマッサージいってくるわ」
というように
「ちょっと心が凹んでるからカウンセリングいってくるわ」
と言えるような日本にしたい。

産業カウンセラーの集まりでそんなこと話したら、
「そうね、でもお金が高いから・・・」
って言われた。

私もそう思ってた。
でも、エステとか60分で1万円近くとるようなところもあるでしょう?
安いところだって5000円くらいとるよ。
マッサージだって10分1000円くらい普通にある。

じゃあ、
50分5000円のカウンセリングも同じじゃない。

体がほぐれるマッサージ。
心がほぐれるカウンセリング。

カウンセリングが高いのは、というか
高いと感じるのは
日本ではこれまで、
本当にぎりぎりで大変な人たちを
公的な立場やボランティアのような人たちが支援していた、支援している時代が長いから、
ではないかと思っています。
でも、それって支援してる側にすっごく負担がかかっていたり、
公的ってことは税金が投入されてるんですよ。
でも、それは医療で言うところの健康保険と同じだと思える。



私が、「ちょっとカウンセリングにいってくるわ」と言ってほしい人たちは
そこまでぎりぎりの人ではないんです。

もう、五十肩で痛くて手が上がらない人は保険で整形外科とかにいくけれど
ちょっと肩が凝ったな、っていう人がマッサージに行くでしょう?
そうすることで、何もしなければ五十肩とかになってた人がならなくてすんでるとか。

そういう感じ。
そしたら、命の電話の本数も減るよ。

そこまで悩む前に、
「お気軽カウンセリング」でこころをリフレッシュできるから。

まずは私の身近から、変えていこう!
私、「おばさんレンタル」しようかな。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体
「夢」は「遠い目標」
「夢」は「遠い目標」

キャリコンの登録をするにあたって、
改めて、また少し勉強しているのですが
その中で見つけた言葉です。

そうそう!
腑に落ちた!

イチローとか、サッカーの本多とか
宇宙飛行士の方が言う
「諦めなければ、夢はかならずかなう」

でも、
「夢追い人」とか
「夢ばっかり追いかけて…」とか
良い意味で使われないことも多い。

成し遂げた人たちの
「諦めなければ」は
もちろん、
ボォ〜っと待ってることではない。

「諦めずに、努力すれば」
という事。

それはわかっていても
その違いをうまく説明できなかった。

「夢は遠い目標」
そう。
こう説明すれば、
「夢」を棚ぼたのようにぼう~っと「諦めずに」待っているのではなくて
「遠い目標」に向かって「諦めずに」努力する。
そうすれば
「遠い目標」である「夢」は叶う、んですよね。

いまさら何を、って言う感じかもしれませんが
私にはすっごく腑に落ちた。

これから、若い人にはこういう風に説明しよう!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体
新入社員のみなさん、いつでも辞められる、という覚悟で日々過ごしましょう
昨日はいろんなところで
新社会人だろうな~という方々をたくさん見ました。

数年前と激変して売り手市場で入社した方も多いのでは?
でも。
「いつでも辞められる、という覚悟」
をもってこれから日々過ごしてください。

それがこれからを生きる新社会人には大切です。

大きな会社、安定した会社に入って周りから
祝福された方。
ニュースを振り返ってみてください。
中高年でリストラされた人たちは
新人の時「安定した会社」に入社したのです。

最近で言えば、電力会社とか大手のデパート。
少し前なら、証券会社や銀行。
もっと前なら、運送業や造船業でしょうか?

そういう会社で、その会社以外でも通用するスキルを身に着けていたら
リストラされる前に、自分の身を確保することができる。
早期退職で割増退職金を得て本当の「セカンドキャリア」を歩めるのです。

そしてもうひとつ。
いつでも辞められるって日々思っていないと・・・
もしもあなたの入った会社が「ブラック」だった時に
精神がすり減ってきたときにはもう
「辞める」というキーワードはあなたの中から浮かんでこない。
それは、
本当にあなたの身を危うくします。

だから。
「いつでも辞められる」
という思いを胸に
いつ辞めてもすぐに雇われるスキル
エンプロアビリティを磨いておきましょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体